天鳳の段位制度ってどうなっているの? その仕組みとは

とても特徴的と言われる天鳳の段位制度。

ではどのようなところが特徴的なのでしょう。

この記事では、天鳳の段位制度の仕組みについてお伝えしています。

天鳳の段位制度がよくわかります。

スポンサーリンク

天鳳の段位制度の仕組み

天鳳には二つの実力評価のための指標があります。一つはレート(レーティング)、もう一つは段級位です。

レート

初期値1500からスタートして、対戦をするごとに上がったり下がったりします。

1位、2位だと上がり、3位、4位だと下がりますが、その上げ幅、下げ幅は、順位と同卓した4人の平均レート、そして試合数による補正が加わり決定されます。

例えばレートの高い人と同卓して勝つと、平均レートが高いので上げ幅が大きくなり、逆にレートの低い人と同卓して負けると、平均レートが低いので下げ幅が大きくなります。

また試合数による補正は、試合数が少ないと上げ幅、下げ幅が大きくなり、試合数が多くなるにつれてその幅が小さくなっていくという性質の補正です。

段級位

新人からスタートして、9級、8級と上がり、1級、初段、二段と経て、十段の次が最終的な天鳳位という位になります。

実に21段階もの階級があり、頂点の天鳳位に達してしまうと降段することはありません。

ゲームクリアというわけです。

ポイントの獲得

対戦によって1位あるいは2位を取ってポイントを獲得し、各段級位の昇段ポイントまで達すれば、次の段級位に上がれます。

新人から1級まではシステム上、降級がないため、やり続けていけばいずれは初段までいけます

初期ポイント

初段からは、初期ポイントが設定され、これが0になってしまうと降段してしまいます

この初期ポイントとは、その段位に上がった直後に保持しているポイントのことで、段位×200で設定されています。

初期ポイントの例

例えば初段であれば、1×200で200ポイントが初期ポイントになります。

二段であれば、2×200で400ポイントが初期ポイントになります

この初期ポイントが、段位×400で設定されている昇段ポイントに達すれば、次の段位に進めます。

初段を例に挙げると、1×400で400ポイントが昇段ポイントです。

4人打ちと3人打ち

天鳳では4人打ちと3人打ちを選ぶことができますが、レートと段級位は4人打ち、3人打ちそれぞれに独立してあります。

4人打ちは十段だが、3人打ちは新人ということもありえます。

また4人打ちと3人打ちそれぞれで、東風戦と東南戦を選ぶことができます。

ポイント配分はどうなっているか

対戦で獲得したり失ったりするポイント数は、順位によって決まります。

素点はポイントに影響がありません。

したがって完全順位戦になります。

各段位のポイント配分

各段位ごとに順位によるポイント数が決められています。

例えば三段の場合、上級卓東南戦で、1位+60 2位+15 3位+0 4位-75となっています。

各段位のポイント配分については、次の項の「具体的なポイント配分」で見ていきます。

ラス回避という戦略

例に挙げた三段のポイント配分をもう一度見てください。

ポイントがマイナスされるのは4位だけです。3位ではマイナスされません。

そして1位は+60なのに対し、4位は-75となっています。

一般的な麻雀のルールでは、ウマやオカがあるため、トップ取りの戦略が主流になります。

しかし天鳳では逆にトップの取り分より4位のマイナス分が大きいので、「ラス回避」という戦略が主流になります。

このように天鳳では、一般的な麻雀と真逆の戦略がとられることになり、それは天鳳の独特のポイント配分から生まれているのです。

マイナスの比重

4位が背負うマイナスの比重は、段位が高くなるほど重たくなっています。

先ほど例に挙げた三段はトップ+60に対し、ラス-75でしたが、これが十段になると、トップ+90、ラス-180になります。

ラス1回分のマイナスは、トップを2回取らないと取り戻せない計算になっています。

この十段のポイント配分が、全段位中で最も過酷なものとなっています。

東風戦は東南戦の3分の2

東風戦は、東南戦のポイントの3分の2になります。

例えば上記の三段の場合、東風戦になるとポイント配分は、1位+40 2位+10 3位+0 4位-50となります。

具体的なポイント配分

4人打ち・東南戦のポイント配分です。

新人~3級

1位2位3位4位
301500

2級

1位2位3位4位
30150-15

1級

1位2位3位4位
60150-30

初段

1位2位3位4位
60150-45
初期ポイント昇段ポイント
200400

二段

1位2位3位4位
60150-60
初期ポイント昇段ポイント
400800

三段

1位2位3位4位
60150-75
初期ポイント昇段ポイント
6001200

四段

1位2位3位4位
75300▲90
初期ポイント昇段ポイント
8001600

五段

1位2位3位4位
75300-105
初期ポイント昇段ポイント
10002000

六段

1位2位3位4位
75300-120
初期ポイント昇段ポイント
12002400

七段

1位2位3位4位
90450-135
初期ポイント昇段ポイント
14002800

八段

1位2位3位4位
90450-150
初期ポイント昇段ポイント
16003200

九段

1位2位3位4位
90450-165
初期ポイント昇段ポイント
18003600

十段

1位2位3位4位
90450-180
初期ポイント昇段ポイント
20004000
スポンサーリンク

4つの卓とその区別

天鳳ではレベルごとに4つの卓が用意されており、下から順に一般卓、上級卓、特上卓、鳳凰卓となっています。

一般卓新人から2級
上級卓1級から三段
特上卓四段R1800から六段
鳳凰卓七段R2000以上

段位を上げていけば、より高いレベルの卓で打てるようになります。

各卓のレベル

ざっくりとした言い方ですが、一般卓は初級者レベル、上級卓は中級者レベル、特上卓は上級者レベル、鳳凰卓はプロレベルと言えます。

自分と同じくらいのレベルの人と対戦できるので、上達していくためには最適です。

下位の卓でのポイント配分

自分のレベルの卓より下のレベルの卓で対戦する場合、1位や2位を取ってもその卓の低いポイントしか入らないのに、4位の時のマイナスポイントはそのままなので、ハイリスクローリターンになります。

例えば五段のプレイヤーが下のレベルの卓である上級卓でプレイした場合、特上卓では1位+75 2位+35のところが、1位+60 2位+15しかもらえません。

これに対して4位になった場合は特上卓と同じ-105になります。

確かに対戦相手のレベルは自分より下になり、勝ちやすくなりますが、自分の雀力向上のためには同じレベルの卓で打つべきです。

昇段戦など特別な事情がない限りは、自分と同じレベルの卓で打ちましょう。

天鳳の段位を上げるとこんないいことが

天鳳の段位を上げると、次のようないいことがあります。

  • 高いレベルの打ち手と対戦できる
  • 自分の雀力を向上させることができる
  • 自分の実力を相手に伝えることができる
  • 苦労して段位を上げたときの達成感
  • 天鳳位になってプロになりMリーガーになれるかも

高いレベルの打ち手と対戦できる

段位を上げていくと、より高いレベルの打ち手と対戦することができます。

仲間内での麻雀より一歩レベルの高い麻雀を打ちたいという時、天鳳は最適です。

自分の雀力を向上させることができる

段位を上げていけば、自然と自分の雀力を向上させることができます。

完全順位戦である天鳳の段位の仕組みは、シビアな戦いを要求され、自然と強くなることができます。

自分の実力を相手に伝えることができる

天鳳のレベルは高いと広く認知されています。

そのため天鳳の段位を相手に伝えれば、自分の実力をわかってもらえます。

例えば最高位戦日本プロ麻雀協会の瑞原明奈さんは天鳳で八段から九段の安定した成績を保っていることが認められて、U-NEXTPiratesから指名されました。

また麻雀戦術書の著者は、天鳳の段位を書くことで読者から信用を得ています。

このように天鳳の段位は、広く認められ、権威を持っていると言えます。

苦労して段位を上げたときの達成感

段位を上げるためにはリーチしたいところを我慢したり、押したいところをオリに回ったりと、いわばストイックな打ち方を強いられる場面も多々あります。

しかしそうした苦労の甲斐あって段位を上げられた時の達成感は、言いあらわせないものがあります。

努力の末に成し遂げるということは、価値のあることです。

天鳳位になってプロになりMリーガーになれるかも

この権威ある天鳳で天鳳位になることは、それだけでかなりの影響力があります。

ASAPINさんや独歩さん、すずめクレイジーさんは天鳳位であることにより、特例でプロの上位リーグへの入会が認められました。

そしてASAPINさんはMリーガーになりました。

ということは天鳳位になれば、Mリーガーになることも夢ではないということです。

途方もないことですが、事実ASAPINさんはそれを成し遂げています。

天鳳の段位制度ってどうなっているの? その仕組みとは|まとめ

  • 天鳳の実力評価はレートと段級位です
  • 順位によってのみポイント配分が決まります
  • 天鳳には一般卓、上級卓、特上卓、鳳凰卓の4つの卓があります
  • 天鳳の段位を上げると様々なメリットがあります

天鳳はその独特なポイント配分によって、とても特殊な麻雀になっています。

むしろ麻雀ではなく、「天鳳」という独立したゲームとすら思えてくるほどです。

天鳳開発者の角田氏は、強者とは負けない人という発想からこのポイント配分を思いついたそうです。

そしてこのポイント配分は、多くの者を熱くさせました。

タイトルとURLをコピーしました