セガサミーフェニックスの炎上の真相 監督の失言とは?

「セガサミーフェニックスはどのようなことで炎上したんだろう」

「監督の失言はどんな失言だったんだろう」

とても気になります。

そこでこの記事では、セガサミーフェニックスの炎上の真相についてお伝えしています。

炎上の真相がよくわかりますよ。

スポンサーリンク

セガサミーフェニックスの炎上の真相

セガサミーフェニックスの炎上の真相は2点あります。

  • 東城りおのドラフト指名
  • 吉野監督の失言

東城りおのドラフト指名

2021ドラフト会議で、フェニックスは東城りおを指名しました。

これに対し、フェニックスへ次の人たちから、不満の声があがりました。

  • 優勝を待ち望むフェニックスファン
  • 和久津晶のファン
  • 麻雀ガチ勢

優勝を待ち望むフェニックスファン

東城りおのドラフト指名は、優勝を待ち望むフェニックスファンを失望させました。

優勝にかける思い

フェニックスファンは2019シーズン、あと一歩のところで優勝を逃し、翌2020シーズンでは最悪の最下位という屈辱を味わっています。

それだけに2021シーズン、優勝にかける思いは相当に強かったでしょう。

ドラフトでは優勝を狙うために、醍醐大や矢島亨など実力者の指名が予想されていました。

しかしふたを開けてみると、指名されたのは東城りおでした。

東城りおの実力

東城りおは、当時、最も下位であるEリーグに在籍していました(現在はDリーグ)。そのため実力は認められていませんでした。

実力を基準に指名していないことは明らかでした。

これに優勝を待ち望むフェニックスファンは、納得がいきません。

東城りおで優勝できるのかと。

あんなに応援してたのにがっかり。優勝する気はないんですね。

最下位のチームが選ぶ選手なんですか? サポーター会員解約しました。

1番にドラフト指名できるのに東城かよ!

和久津晶のファン

和久津晶は自由契約になりましたが、その理由は成績不振と見られていました。

しかしフェニックスが指名したのは、和久津晶より実力が低いと見られている東城りお。

和久津晶を成績不振で自由契約にしたのに、なぜ実力で劣る東城りおなのかと、和久津晶のファンは不満でした。

最下位という現状であれば誰が見ても和久津さんよりも実力が上であるという人でないと入れ替えの意味がない気がしました。単に人気とりとか育成枠ということであれば和久津さんに失礼な気もします。

和久津は連盟でA1まで行った女流。替わりに東城なのは流石に説明が、、、

退団発表の仕方への不満

和久津晶のファンは東城りお指名の以前に、退団発表の仕方にも不満を持っていました。

フェニックスは和久津晶の退団を、次のようにツイッターで発表します。

この簡素な退団発表に、和久津晶のファンは不満を持ちました。

え、マジ!? こんなあっさり・・・

プロだから成績が悪かったら契約満了はわかります。でも今回は発表の仕方、残り3人更新状況。やり方が納得出来ないので来季のセガサミーフェニックスのサポーターを退会します。

前原雄大と藤崎智の退団発表

対照的に前原雄大と藤崎智の退団発表は、ファンの納得感がありました。

コナミ麻雀格闘俱楽部はファン感謝祭で、前原雄大と藤崎智の退団を発表し、花束を贈呈するなど花道をつくります。

3:11:03~

ファンの納得感があったため、前原雄大と藤崎智のファンから不満の声はあがりませんでした。

麻雀ガチ勢

実力者同士の最高峰の麻雀が見たい麻雀ガチ勢も、実力が低いと見られている東城りおの指名に不満を持ちました。

実力不足だと思います。最高峰の舞台として。

フェニックスだけではないけど、もう強さではなく見た目リーグにしたほうがいい。
Mリーグが最高峰だと思いどんどん猛者がやってくると思ってドラフトを見ていましたが。。。

Eリーガーかぁ。。。 実力より顔ってのはわかった

このように東城りおの指名について、優勝を待ち望むフェニックスファン、和久津晶のファン、そして麻雀ガチ勢それぞれから不満の声があがりました。

スポンサーリンク

吉野監督の失言

このような不満のある中、火に油を注ぐことになったのが、「東城りおプロ新加入 契約合意会見」での吉野監督の2つの失言です。

この生配信は、東城りおを指名したドラフト会議の翌日の8月3日に行われました。

生配信中、東城りお指名に不満を持つ人たちは、開始早々から批判のコメントを書き込み、コメント欄は炎上していきます。

そんな中、吉野監督による2つの失言は、さらに炎上を加速させました。

  • 不適切発言
  • 誤解を招く発言

不適切発言

吉野監督は「ギャンブル」という不適切な発言をしてしまいます。

7:19~

東城りおに期待していることを聞かれ、度胸があることの説明で「(東城りおは)日頃からいろんなギャンブル的なもので鍛えている」と言ってしまいました。

なぜこのギャンブルという言葉が不適切かと言いますと、 Mリーグは麻雀からギャンブルという負のイメージを払拭するという理念を掲げているからです。

東城りおが、パチスロの番組に多く出演し、勝負勘を鍛えているといった意味で言ったのでしょうが、この言葉はMリーグにおいて禁句でした。

案の定、東城りお指名に批判的な人たちから、揚げ足をとられてしまいます。

おい監督 Mリーグの理念知ってるか??

ギャンブルって発言だけでもMリーグスポンサーはピリつくよ?

誤解を招く発言

吉野監督はさらに、東城りおの指名が1年前から内定していたと解釈できる発言をします。

上掲の「東城りおプロ新加入 契約合意会見」動画の36:13~

チームの目標を説明する中で、「(東城りおには)準備を1年以上かけて進めていただいているので」と発言します。

当然、東城りおの指名に不満を持っている人たちは、この発言にかみつきます。

1年以上って内諾してたんかい

じゃあ前から決まってたのかよ!!出来レースかよ

1年以上ってもう決まってたってことかよ!wwこの監督ボロ出過ぎじゃない?

批判コメントに対する反撃

東城りお指名を歓迎する人たちからは、批判コメントに対し、次のような反撃もありました。

アンチは出てけ。批判的コメするなら見にくるなよ

スタートしてもいないのに潰そうとするなよ

このようにコメント欄は批判する人たちと歓迎する人たちがやり合う場面も見られました。

セガサミーフェニックスからの謝罪

翌8月4日、セガサミーフェニックスの公式HPで、「8月3日の会見における発言内容補足及びお詫びについて」と題する謝罪文が発表されます。

会見の場において、「勝利のために準備を1年かけて進めてもらっている」という発言が、1年前より東城プロの指名が決まっていたとの誤解を招いてしまいました。主旨としましては「東城プロが1年前より体調が復調し、麻雀に注力できる環境になったことで、力をつけてきている」といったことを申し上げたかったですが、上手くお伝えすることが出来ませんでした。

セガサミーフェニックス公式ページ  http://segasammy-phoenix.jp/news_detail/#/20210804.html

ギャンブルという不適切な発言があったことも併せてお詫び申し上げます。

セガサミーフェニックス公式ページ http://segasammy-phoenix.jp/news_detail/#/20210804.html

吉野監督からの謝罪

それから約1か月半後の9月14日に、オンラインファンミーティングが生配信されました。

この生配信の中で、吉野監督は笑いながらではありますが、前回の配信について「すいませんでした」と謝罪しました。

4:56~

選手からのフォロー

私が感じたのは、魚谷侑未や近藤誠一が明るく和やかな雰囲気をつくることで、吉野監督をフォローしようとしていたことです。

魚谷侑未が監督に「笑顔でお願いします!」とつっこんだり、近藤誠一が「今日は炎上しないんですか?」と冗談を言ったりして、明るく和やかな雰囲気をつくります。

フォローではなく、単に面白いからつっこんだだけかもしれませんが、こういった選手のフォローも炎上の沈静化につながっているでしょう。

(魚谷侑未と白鳥翔の噂の真相について興味のある方はこちらもどうぞ)

東城りお指名を歓迎するコメント

東城りお指名を批判するコメントは確かに目立ちましたが、それ以上にやはり多かったのは歓迎するコメントです。

かわいい! りおりおおめです!!!

東城さん おめでとう!!ずっと待ってました

批判的なコメントを開幕で覆してやれ!頼むぞ!

批判もある中で、多くの人が東城りおの指名を歓迎しています。

(東城りおの離婚の理由について興味のある方はこちらもどうぞ)

東城りお獲得の効果とルール適性

セガサミーフェニックスが、実力よりビジュアルや人気を重視して東城りおを指名したことは明らかです。

しかし東城りおの指名により、新規層の開拓が見込めます。

またポジティブな性格の東城りおの加入により、チームの雰囲気は明るくなるでしょう。

実力に関しては、一発・裏ドラ・カンドラなしの連盟ルールより、赤入りのMリーグルールのほうが適性があるという場合もありえます。

そのため成績を残せないと判断するのはまだ早いでしょう。

東城りおへの批判は筋違い

今回の炎上に関して、東城りおを批判するのは筋違いです。

炎上の原因は、東城りおを指名したことであり、東城りお自身にはありません。

批判の対象になっているのは、監督はじめ東城りおの指名を決めたフェニックス首脳陣です。

セガサミーフェニックスの炎上の真相 監督の失言とは?|まとめ

  • セガサミーフェニックスの炎上の真相は、東城りおのドラフト指名と、吉野監督の失言です
  • 東城りおを歓迎するコメントも数多くありました
  • 炎上の原因は、東城りおの指名を決めたフェニックス首脳陣にあり、東城りお自身にはありません

東城りおは、意に反して重荷を背負ってしまいました。

というのは、また最下位になれば、東城りおを指名したからだと批判されてしまうからです。

しかし東城りおはポジティブな性格なので、批判にも動じないでしょう。

もし活躍すれば、逆に批判した人たちを黙らせることができます。

今季のフェニックスの成績がどうなるか、そして東城りおが活躍するか、注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました