堀内正人の戦術とは?強さの秘密はここにある!

強いと評判の堀内正人。

堀内正人はどんな戦術を用いているのでしょうか。

そしてその強さの秘密はどこにあるのでしょうか。

こちらの記事では、堀内正人の用いている戦術についてお伝えしています。

堀内正人の戦術を知ることで、その強さの秘密がわかります。

スポンサーリンク

堀内正人の戦術とは?

堀内正人の戦術は、先制攻撃とベタオリです。

誰よりも速くテンパイして先にアガってしまい、仮に先にテンパイされたら、即座にベタオリするという麻雀です。

先にテンパイするためなら1巡目でも鳴きますし、片アガリやバックでも躊躇なく仕掛けます。

そして愚形であろうと先にテンパイしたなら、必ず即リーチします。

人は「1巡目から鳴くなんて常識外れだからやめておこう」とか「数牌単騎待ちリーチなんてしたら素人と思われるからやめておこう」と考えます。

しかし堀内正人にとってどう思われるかは、関係ありません。

自分が得と思ったシステムに忠実に従うのみです。

麻雀のシステム化

堀内正人の強さは、麻雀のシステム化にあります。

これは上記で述べました先制攻撃とベタオリのシステムです。

これを極限まで追求したものが堀内システムです。

そしてこのシステムは、膨大な統計データを基礎に作り上げられています。

感情や感覚といったあいまいなものが入り込む余地はありません。

徹底してドライです。

そしてこのシステムへの徹底により、麻雀から迷いがなくなります。

先制攻撃

現代麻雀では、先制リーチがとても有効です。

堀内正人はこの鉄則を、愚直に守っていきます。

そのために受け入れを最大限にします。

受け入れを狭めて、役を狙いにいくことはしません。

そして鳴いて先制テンパイできるのなら、片アガリだろうがバックだろうが鳴いていきます。

見栄えは関係ありません。

それがシステムの徹底なのです。

「【令和版】神速の麻雀 堀内システム55」についてはこちらの記事をご覧ください。

ベタオリ

先制テンパイが有利であるという鉄則は、自分が先制攻撃された時にも当てはまります。

つまり先制テンパイされた時は、自分が不利なのですから迷わずベタオリです。

中途半端なオリはしません。

初めから中抜きです。

繰り返しになりますが、それがシステムへの徹底なのです。

堀内正人の戦術とは?強さの秘密はここにある!|まとめ

  • 堀内正人の戦術は先制攻撃とベタオリです
  • 堀内正人の強さは麻雀のシステム化にあります

堀内正人の麻雀をひとことで言い表すなら、愚直な麻雀です。

何にもとらわれず、ただ自分が有利と考えることを徹底していくだけです。

人になんと言われようと関係ありません。

あえて悪く言うなら鈍感です。

しかしその鈍感が、麻雀では強みとなることがあります。

相手の手牌を深読みしすぎたり、中途半端に読んで、手痛い目にあったことはないでしょうか。

読めたとしても、手牌がバラバラなら結局オリることになり、読まなかった時とさして変わりありません。

なら読むのはやめてしまおうというのが、堀内正人の考え方なのです。

タイトルとURLをコピーしました