多井隆晴の強さの理由とは?最強雀士の強さの秘密を解説!

Mリーグで4シーズン連続200ポイントオーバーという驚異的な成績を残している多井隆晴。

そんな多井隆晴の強さの秘密はどこにあるのでしょうか。

こちらの記事では多井隆晴の強さの理由を解説しています。

最強雀士にあなたも近づくことができます。

スポンサーリンク

多井隆晴の強さの理由とは?

多井隆晴の強さの理由は、

  • 飽くなき探求心
  • 勝負への執念
  • 鋭い読み

の3点です。

飽くなき探求心

飽くなき麻雀への探求心が、多井隆晴の1つ目の強さの理由です。

多井隆晴はとても研究熱心です。

タイトルをいくつ獲得しても、日々の勉強を怠りません

この飽くなき探求心が多井隆晴の強さの理由になっています。

  • 研究会
  • 放送対局の視聴

研究会

長年「ばかんすリーグ」という研究会を村上淳や石橋伸洋などとしています。

このような勉強会などを通じて最新の理論や戦術を日々勉強しています。

放送対局の視聴

放送対局も視聴し、麻雀プロ一人一人の打ち筋を研究しています。

なぜならその麻雀プロと対局するとき、人読みに役立てるためです。

人読みとは?

人読みとは、その人の打ち方の傾向から手牌や役、打点、テンパイ有無などを推測することです。

例えば打点の低い鳴きをしない人が鳴いてきたら、打点が高いと読めます。

勝負への執念

多井隆晴の強さの2つ目の理由は、勝負への執念です。

多井隆晴は、徹底して勝ち負けにこだわります

この例として、

  • 配牌オリ
  • 卓外戦術

が挙げられます。

配牌オリ

多井隆晴の特徴的な打ち方に「配牌オリ」があります。

これは配牌でアガリが見込めないバラバラの手牌の時、第一打からアガリを捨て安全牌を抱え込む打ち方です。

この配牌オリは「もしかしたらよいツモがきてアガれるかも」という誘惑があると、徹底できません。

しかし多井隆晴はその誘惑を断ち切り、甘えません。

卓外戦術

多井隆晴は徹底して勝負にこだわるため、卓外戦術も駆使します

卓外戦術とは、対局外で相手の集中力を乱したり誤った情報を与えたりすることにより、相手より有利になろうとすることです。

こちらの動画で話しています。

動画で多井隆晴が話していることを要約すると、次のようになります。

相手の性格や好みを把握し、それに基づいて相手が集中力をなくすような話を試合前にする

Mリーグでもこのような卓外戦術が行われているでしょう。

このように卓外戦術も駆使するほど、勝ち負けにこだわります。

鋭い読み

多井隆晴の3つ目の強さの理由は、鋭い読みです。

この読みには次の2つがあります。

  • 手牌読み
  • 人読み

手牌読み

多井隆晴は常に他家の手出しツモ切りを見ています。

そしてそれだけでなく牌が手牌のどの位置から捨てられ、ツモった牌がどの位置に置かれたかも見ています。

これにより他家の手牌構成、狙っている役、速度、待ちなどを読むことができます。

具体例

例えば端から3番目に置いてあった九万を捨て他家がリーチをした場合、マンズの待ちが読みの候補に挙がります。

もし種類ごとに順番通り並べていた場合、マンズは2枚だけしかないことになります。

そのためマンズでの待ちの可能性が高いと読めます。

手牌読みの参考動画

またこちらの動画では、多井隆晴の手牌読みの技術が解説されています。

手牌読みができないネット麻雀では苦戦

多井隆晴はネット麻雀の天鳳名人戦に8回出場し、一度も優勝していません。

その間、小林剛と朝倉康心(ASAPIN)は2回、石橋伸洋は1回優勝しています。

この理由は、ネット麻雀だと手牌読みができないからです

牌が手牌のどこから出てきて、どこに入ったかがネット麻雀だと分かりません。

このことから逆に、多井隆晴の強さの理由は手牌読みであると言えます。

天鳳名人戦とは?

ネット麻雀の天鳳で、天鳳位や麻雀プロにより年間を通じて争われるタイトル戦。

人読み

手牌読みに合わせて人読みも駆使しています。

放送対局などを見るなどして、それぞれの麻雀プロの打ち方の傾向を分析します。

そしてそれを実際の対局の読みに利用しています。

多井隆晴の本

多井隆晴の麻雀に対する考え方や技術を知りたい方は、多井隆晴の麻雀戦術本「麻雀無敗の手筋」がおすすめです。

多井隆晴の守備の考え方や技術

守備型の雀風である多井隆晴の守備の考え方や技術を身につけることができます。

簡潔にそして論理的に書かれていますので、とても理解しやすくなっています。

放銃率を下げることができる

この本を読めば、放銃率を下げることができるでしょう。

またYouTubeで多井隆晴本人が実際の本のページの内容を説明してくれています。

そのため理解を補完できます。

最強雀士多井隆晴の守備の極意がこの本で学べます!

雀士
スポンサーリンク
ブログランキング参加中です。ポチッと応援してもらえるとメロン少佐が泣いて喜びます!

ブログランキング参加中です。ポチッと応援してもらえるとメロン少佐が泣いて喜びます!
メロン少佐をフォローする
3確放浪記
タイトルとURLをコピーしました