友添敏之が少牌したのはどんな対局? 友添の年齢や経営する雀荘、タイトルも

友添敏之は過去の放送対局で少牌をしたことがあります。

それはどんな対局だったのでしょうか。

気になりますよね。

そこでこの記事では、それがどんな対局だったのかについてまとめています。

また友添敏之の年齢や経営する雀荘、タイトルについてもお伝えしています。

少牌した対局のことが詳しくわかりますよ。

スポンサーリンク

友添敏之が少牌したのはどんな対局?

2017年7月17日にAbema TVで放送された「麻雀駅伝2017」でのことでした。

この「麻雀駅伝2017」は、連盟、最高位戦、協会のプロ3団体とアマチュアからなるアマ連合の4チームが、異なるルールで戦い、その合計ポイントを競うという番組でした。

その3日目の3人麻雀において、最高位戦の代表として出場の友添敏之は、協会の阿賀寿直、アマ連合のASAPINと対戦します。

その南2局、友添西家で、チョンチョンの部分の1牌をツモらず、少牌となりました。

「麻雀駅伝2017」の結果

この3人麻雀では、1人ずつ抜けながら計8回戦を行い、最終的に以下の結果となりました。

1位 ASAPIN(アマ連合) 140.7
2位 友添敏之(最高位戦) 10.1
3位 勝又健志(連盟)  ▲32.1
4位 阿賀寿直(協会)  ▲130.2

ASAPINは区間賞。

全体でもアマ連合が優勝しました。

友添敏之が少牌した理由

南2局のラス前で、点差計算に意識がいってしまい少牌をしてしまいました。

この点差計算とは、あと2局で何点取ればまくれるかという計算でした。

(滝沢和典が少牌した状況について興味のある方はこちらもどうぞ)

友添敏之の少牌以後のスランプ

2017年 B2リーグ→関西C1リーグ 降級
2018年 関西C1リーグ→関西C2リーグ 降級

少牌以後、2期連続の降級。

本人も、少牌以後、まったく勝てなくなったと言及しています。

スランプから脱出し絶好調の現在

しかし現在は、関西B2リーグまで昇級し、その関西B2リーグでも全12節のうち7節が終わった現在の段階で、トップをぶっちぎっています。

本人曰く、1年ほど前から少牌の禊が終わったのか、絶好調とのこと。

風林火山オーディションにおいてもトップで決勝進出を決め、好調を維持しています。

ただ決勝では4位に終わり、念願のMリーガーの夢は叶いませんでした。

(滝沢和典の風林火山脱退理由について興味のある方はこちらもどうぞ)

友添敏之の年齢・経営している雀荘・獲得タイトル

アフロヘアに蝶ネクタイと個性的な友添敏之。

年齢、経営している雀荘、そして獲得タイトルについてもお伝えします。

年齢

43歳です。

誕生日は、1978年5月11日。

ちなみに出身地は神奈川県横浜市で、血液型はB型です。

経営している雀荘

京都河原町で「Potti(ポッチ)」という雀荘を経営しています。

「皆が楽しく打てる店」をコンセプトに、今年で16周年になる雀荘です。

獲得タイトル

第38期新人王を獲得しています。

2013年に最高位戦に入会後、ストレートで昇級。

このような実績から、2017年の麻雀駅伝にも抜擢されました。

(この麻雀駅伝の模様は、Abema TVのABEMAプレミアムに登録すると、いつでも視聴可能です)

友添敏之が少牌したのはどんな対局? 友添の年齢や経営する雀荘、タイトルも|まとめ

  • 友添敏之が少牌したのは「麻雀駅伝2017」の3人麻雀でのことでした
  • 友添敏之は少牌以後、スランプに陥り、関西C2リーグまで降級しました
  • 年齢は43歳、経営している雀荘は「Potti(ポッチ)」、獲得タイトルは第38期新人王です

ビッグマウスでも有名な友添敏之。もしMリーガーになってマイナスポイントだったら、年棒はいらないと豪語しています。

そんな彼ですが、2017年に少牌した時には、ひとつひとつのリプに丁寧なお詫びの言葉を添えて返しています。

この時があるからこそ、今の好調があるのでしょう。

友添敏之がただのビッグマウスではなく、本当の実力者であることを証明する時が来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました