松ヶ瀬隆弥の雀風は? 多井隆晴との対戦や結婚、大学についても

「風林火山オーディションで優勝した松ヶ瀬隆弥はどんな雀風なんだろう」

気になりますよね。

そこでこの記事では、松ヶ瀬隆弥の雀風についてお伝えしています。

あわせて多井隆晴とのMリーグでの対戦や結婚、大学についてもまとめています。

松ヶ瀬隆弥のことがよくわかりますよ。

スポンサーリンク

松ヶ瀬隆弥の雀風は?

守備を重視したバランス型です。

麻雀で自分がアガれるのは、4回に1回。つまり4回に3回は守備なので、守備は重要という考え方です。

これは松ヶ瀬隆弥の性格、人柄からきていると推測されますが、とても繊細な麻雀を打ちます。

他家3人の手牌進行や手牌内容、そしてその心理をも繊細に読み取りながら、打っています。

かつて小林剛は松ヶ瀬隆弥の麻雀を評して「あの強面の風貌だけど、実は子犬のように繊細な麻雀を打ちます」と言っていました。

多井隆晴との対戦

「多井さんとMリーグで同卓して、やっつける」と、打倒多井隆晴を宣言しています。

Mリーグ入りが決まってそれをすぐに思ったそうです。

こちらの動画でその意気込みを語っています。3:55~

また下にあります「松ヶ瀬隆弥プロの極上料理を食べ尽くそう!」の動画でも、多井隆晴との対戦について語っています。(2:45:40~)

「RMUの多井隆晴は知っているが、Mリーグの多井隆晴は知らないので、やってみたい」と言っています。

結婚はしてる?

結婚はしていません。

こちらのツイートで独身と明かしています。

哀愁漂うツイートですが、きちんと置かれたタッパーの感じに、松ヶ瀬隆弥の繊細な面が出ています。

彼女はいる?

彼女はいません。

こちらの動画で、次のような会話があります。

日向藍子「(松ヶ瀬隆弥は)今、彼女いないんだって」

松ヶ瀬隆弥 「なんか、それひっぱるね」

1:58:30~

また好きなタイプを芸能人で例えると、永作博美だそうです。人間臭いところがある人が好みとも語っています。

大学は?

大学には行ってなく、調理師の専門学校を卒業しています。

19歳の時に専門学校を卒業した後、調理師の仕事につきました。

10年ほど調理師の仕事をした後、麻雀プロになりたくて上京しました(上の動画で32:18~)。

松ヶ瀬隆弥プロフィール

生年月日1980年4月11日
年齢41歳
所属プロ団体RMU
出身地北海道
プロ歴12年
タイトル最高位戦Classic
令昭位
2011・2014・2016後期・2017後期
2020前期クライマックスリーグ 優勝

人柄

私が入会してすぐの頃、麻雀の話なんて全然出来なくて、打牌の理由の説明なんて全然出来なくて でも松ヶ瀬さんは「なんであれ切ったの?」って言葉が出てこなくてもじっと待って聞いてくれた
トンチンカンなこと言っても「なるほどねー〇〇の方がいいんじゃない?」って優しく教えてくれたんだ

安達 瑠理華 https://twitter.com/rurika68/status/1418551041650421766

その見た目に反して、とても繊細で優しい人柄です。

そして自分を動物に例えると、「ウサギ」と語っています。

料理が趣味

調理師免許を持っており、北海道では10年間、調理師をしていました。

盛り付け方や焼き加減など、その繊細な性格が表れていますね。とてもおいしそうです。

上にあります動画「松ヶ瀬隆弥プロの極上料理を食べ尽くそう!」で、その腕前を見ることができます。

雀風と同じで、料理でもその風貌とのギャップが際立っています。

強面の風貌の理由

いっつもいっつも優しくて、どっしり構えてて でもRMUリーグ入りした時に急にイメチェンして
「なんで見た目怖くしたの?」って聞いたら 「周り皆強いから、気持ちブルっちゃいそうだから自分に気合い入れてるんだ」 ってちょっと可愛い面もあるんだ

安達 瑠理華 https://twitter.com/rurika68/status/1418551635156955141

その強面の理由は、やはり麻雀で勝つためだったんですね。

そして周りへの威圧というよりは、ウサギのような自分の気持ちを奮い立たせるためだったんですね。

通り名(キャッチフレーズ)

「繊細なる超巨砲」です。

以前は、「一騎当千」という通り名を持っていましたが、風林火山への入団に伴い、新通り名「繊細なる超巨砲」が発表されました。

風林火山オーディションで優勝しMリーグへ

最後はフリテンの1-4mをツモって、自分で優勝を決めました。どこかで自分で決めにいかないといけない、と思っていたそうです。

松ヶ瀬隆弥は、毎年、指名候補として名前があがっていました。しかし毎年指名漏れ。

そんな待つしかない中で、勝てば指名権が得られるオーディションが行われます。

松ヶ瀬隆弥にとっては自分で指名権をもぎとるチャンスです。

そしてその無類の勝負強さを発揮して、見事自分でMリーグ入りをつかみとりました。

決勝での四暗刻単騎

ラス目に落とされた苦しいところからの四暗刻単騎。

四暗刻は、陥落かと思われた予選最終戦でもツモアガっています。

つまりこの風林火山オーディションで、2回目の四暗刻でした。

ABEMAプレミアムで松ヶ瀬隆弥の四暗刻単騎を見る

番組タイトル「7月23日 決勝戦 4回戦 本田朋広 vs 松ヶ瀬隆弥 vs 友添敏之 vs 小沼翔」

RMUから2人目のMリーガー

RMUから、多井隆晴に次ぐ2人目のMリーガーとなりました。

Mリーグでは多井隆晴との対戦も楽しみなところです。

今回は同じRMUの小沼翔も活躍しましたので、他のRMUのプロたちにはとても刺激になったでしょう。

(二階堂瑠美のコロナについて興味のある方はこちらもどうぞ)

松ヶ瀬隆弥の雀風は? 多井隆晴との対戦や結婚、大学についても|まとめ

  • 松ヶ瀬隆弥の雀風は、守備を重視したバランス型です
  • Mリーグで多井隆晴をやっつけると公言しています
  • 松ヶ瀬隆弥は結婚していません
  • 松ヶ瀬隆弥は大学に行っていません
  • 松ヶ瀬隆弥は繊細で優しい人柄です
  • 風林火山オーディションで優勝し、Mリーグ入りを決めました

松ヶ瀨隆弥は、Mリーグ入りを自分で決めたただ一人のMリーガーです。

まさに夢を自分でつかみとったことになります。

でもそんな松ヶ瀬隆弥にも、周りの強い人に気持ちがブルってしまう時もありました。

そんな困難を乗り越え、今の輝かしい松ヶ瀬隆弥がいます。

ちなみに松ヶ瀬隆弥は、15、6本の眼鏡を持っており、気分や麻雀の好不調で変えるそうです。

眼鏡にも今後注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました