堀内正人の年収はいくら?2022年の予想年収も

ユーチューバーとして活躍する元麻雀プロの堀内正人。

「堀内正人の年収は、いくらなんだろう」

そう思われている方も多いはず。

こちらの記事では、堀内正人の年収についてお伝えしています。

ユーチューバーとして復活した堀内正人の年収がわかります。

スポンサーリンク

堀内正人の年収はいくら?

2021年の堀内正人の推定年収は、約682万円です。

堀内正人の収入源は、次の4つ。

  • Youtube
  • ポーカー
  • 雀荘ゲスト
  • 印税

内訳は次の通りです。

Youtube573万円
ポーカー-50万円
雀荘ゲスト144万円
印税15万円
合計682万円

Youtube

堀内正人の2021年、Youtubeでの推定収入は、5,732,149円でした。

ユーチューバーの推定年収を掲載しているサイト「YouRank」によりますと、2021年の「堀内正人horihori TV」の月収は以下のようになっています。

1月1,544,770円
2月392,533円
3月455,244円
4月306,867円
5月561,920円
6月261,359円
7月291,996円
8月358,559円
9月334,331円
10月316,863円
11月579,364円
12月328,343円
合計5,732,149円
出典 YouRank https://youranks.com/c/15242/

堀内正人horihori TV

2020年8月頃から始めた旅打ち動画が人気となり、登録者数が急激に伸びました。

現在の登録者数は、13万人。

ポーカー

2021年11月、堀内正人はラスベガスでポーカーをプレイしていますが、この時のポーカーの収支は、-50万円でした。

こちらの動画で、本人が金額を公表しています。

5:43~(頭出し済みです)

雀荘ゲスト

2021年の雀荘ゲストでの収入は、推定144万円です

この年はYouTubeでの登録者数が大幅に伸び、その影響のためか雀荘ゲストも徐々に多くなっていきました。

平均して月3回の雀荘ゲストがあったと仮定。

1回当たりのゲスト料は、ある動画の中で4万円と本人が話していますので、

4万円×月3回×12ヶ月=144万円

となります。

ただしこの4万円は交通費、宿泊代も込みの場合もあったようなので、実質的な収入はもっと低いでしょう。

足が出る場合もあったようです。

印税

2021年の戦術本などの印税は、推定15万円です

堀内正人の出版している戦術本は複数ありますが、この年、一番売れたのは2020年に出版した「令和版 神速の麻雀 堀内システム55」でしょう。

初版で5,000部、増刷で2,500部、出版しています。

仮に2021年、2,000部売れたとします。

印税率は10%ですが、福地誠との共著なので、5%になります。

定価1,500円×2,000部×5%=15万円

戦術本の印税収入は、意外と少ないようです。

「令和版 神速の麻雀 堀内システム55」の詳細についてはこちらをご覧ください。

2022年の堀内正人の年収見込みは?

2022年の堀内正人の年収は、1,000万円を超える可能性があります

現在までのYouTubeでの収入は、登録者数の増加に伴い去年の同時期より増加しています。

さらに雀荘ゲストも去年より多く、ゲスト料も上がっている可能性があります。

このように考えると、1,000万円を超えることも十分あるでしょう。

堀内正人の年収はいくら?2022年の予想年収も|まとめ

  • 2021年の堀内正人の推定年収は約682万円です
  • 2022年の堀内正人の年収は1,000万円を超える可能性があります

堀内正人が麻雀プロだった頃、年収が700万円後半になることもあったそうです。

しかし十段戦失格などもあり、麻雀プロを辞めるあたりでは年収が53万円ということもありました。

十段戦失格事件の詳細は、こちらの記事をご覧ください

その後、マカオでポーカープレイヤーとして生計を立てていましたが、コロナの影響でプレイできなくなり、またもや収入がなくなります。

堀内正人が次に活路を見い出したのは、YouTubeでした。

麻雀系ユーチューバーとして現在、13万人の登録者数を誇っています。

ちなみに2021年には、アマチュアだけのリーグ戦、AMリーグで優勝しています。

この時の賞金は、4万円。

まさに「麻雀で生きていく」を実践しています。

堀内正人「麻雀で生きていく」が気になる方はこちらもチェック
タイトルとURLをコピーしました